採用情報

海外営業(入社3年目)

入社のきっかけは?
貿易の経験を活かして、ビジネスを海外のお客様にも届けたい!

まず日本に来た理由をお話しさせてください。
中国の大学の日本語学科で日本語を学んでいて、そこで日本の大学と交流プログラムがあり、日本に留学に来ました。大学2年と大学院2年で日本の大学を卒業し、卒業後は日本で就職が決まりました。

最初は携帯販売の仕事をしました。そこではお客様とコミュニケーションが多く、コミュニケーション能力を身に付けました。その後もっと自分の言語(語学)力を活かしたいと思い、中国と取引の多い貿易会社に入社しました。貿易会社で輸出輸入の基本業務を身に付けた後、今現在のベテルに入社しました。

ベテルは、熱物性測定や医療にたくさんの技術を持っていて、日本国内のお客様だけではなく海外進出も多い。
「そのビジネスをさらに海外のお客様にも届けたい」「今までの自分の輸出輸入の経験を活かしたい」と思い、ベテルに入社しました。

実際に入社してみてどうでしたか?

今年で入社3年目でした。
最初は全く熱についての知識がない中から、熱物性測定の知識だったり装置の知識を少しずつ深めることができました。それを、お客様から問い合わせをいただいたときに説明したり、装置のPRをしたりという事も徐々にできるようになりました。

普段、窓口として海外のお客様とのやり取りが多いのですが、そこで「全くベテルのファンではないお客様にいかにしてファンになってもらえるか」が大事ということが(念頭に)あったので、それについて頑張ってすごくやりがいがあると思いました。

現在の仕事の内容を教えてください。

海外特に中国のお客様からの問い合わせに、現地の商社さんと連携しながら、その対応をおこなっています。
最近は、台湾の商社さんとも色々付き合い始めて、そこで商社さんに当社の装置の紹介をしていただいて、新規のビジネス開拓なども始まっています。

入社当時と今の自分を比較して成長した点は?

最初は全く熱に関する知識がゼロの状態から、周りの先輩や上司にいろいろ教えていただいて知識を身に付けました。
より多くのお客様にベテルの装置の特長を伝えられるようになり、ベテルを全く知らないお客様にベテルのファンになってもらうところまで、入社当時よりもできるようになったのではないかと思います。

今後も、周りの先輩と上司にアドバイスをいただきながら、自分なりの営業スキルを活用できればいいなと思います。
皆さんと一緒に頑張りたいです。

 常に「反省しながら頑張っていこう!」という工夫をしています。

頑張りたいという気持ちが強く、わからないことがあっても、周りの先輩等に聞きながら、じゃあ何があればできるのか? と常に考えながら、仕事の中にも活用しています。

それでもうまくいかないときも自分を責めるのではなく、反省して、どこが足りないのか? どうやったらもっとうまくいくのか? を、経験豊富な先輩や上司に話しを聞きながら、じゃあ今度はそういうやり方でやってみましょうという考え方ができるのが自分の強みだと思います。

入社して一番大変だったことは?

「熱物性測定の専門知識のない中で、質問をいただいたお客様にどのように説明するのか」「クレームをいただいたお客様にどうしたらベテルのファンになってもらえるのか」の2つが大きなチャレンジでした。

どうやって乗り越えた?

熱の知識等でわからないことがあったら、周りの先輩や上司に聞きながら勉強しました。
勉強したことをお客様に説明してみて、相手が理解してくれれば意味が伝わったので自分も理解できたと思います。お客様や代理店とコミュニケーションを深めているうちに、自分もこのへんは理解した理解していないという事がわかってくる。段々と、こういう質問はこういう風に答えればばよい、こういう質問はわからないから聞けば説明できるようになる、と分かってきて、自信をもってお客様に接客できるようになります。

あとは、クレームをいただいたお客様にどうやってファンになってもらうのか。もともとファンだった方にファンを続けてもらうよりもずっと大変です。 クレームは怖いと思って逃げたくなります。最初は実際そうでしたが、放置しても何も前に進めない。じゃあまず相手がなぜ不満なのか、どこが不満なのかを聞きながら、具体的な要望はあるのか、こちらから何か提案できることがあれば、と話しをしながら、一生懸命対応します。

それで相手のことを理解しようとする姿勢を見せて、相手に受け入れてもらい、「この会社はやっぱりしっかりしていますね。良いですよね。」と評価をいただけたら、危機をチャンスに繋げられるのではないかと思います。
そしてそこからビジネスを徐々に増やせるのではないかと思います。

逆に、一番嬉しかったことは?

ハドソン研究所では、漫画家の方が描いてくれた一人ひとりの(個人の)イラストを名刺に載せているのですが、毎回名刺交換をするたびに、相手に「面白いですね」という印象をもってもらえます。楽しみながら仕事をしているということが伝わって、それをきっかけに会社のことをもっと知ってもらえると思います。

今後挑戦してみたいことは?

今までももっとこういう風にやれば良いなと思っていながら、でもなかなか一歩踏み出せていないことがあります。
仕事上では、もっと外に出て、実際どういう営業ができるのか、どこまで自分ができるのかを知って、もっと頑張って自信をもってお客様に提案したいと思います。営業活動に今後頑張ってみたいと思っています。

10年後、20年後の自分

やっぱり一番は、素敵な人間という評価をいただけるようになりたいです。

周りに優秀な先輩や上司がたくさんいらっしゃいますので、そういう方に学ばせてもらって、こういう時にこういう風に考えているんだというような考え方だとか、素晴らしいところを自分でも同じようにやってみたら出来るようになるんじゃないかなと。
自分もそういう素敵な人間になりたいと思っています。それで、次(世代)の後輩、新しく入ってくる人達にもそういう想いを伝えたいです。

仕事をただ頑張るだけではなく、「好きだからこそ仕事を頑張って、頑張ったからこそ仕事がもっと好きになる」というような自分でいたいと思います。

 上司からの一言

粘り強く頑張っている姿をいつも見ています。ありがとう。 お客様の対応は何かと大変ですが、ベテルの製品は世界中で熱の有効利用のためには必要不可欠です。必ず発展していきます。 やりがいのある仕事です、これからも一緒に成長していきましょう。

少しだけプライベートな事を教えてください。

 1日の流れ

朝起きてからまずストレッチをして体を柔らかくして、その後お湯を飲みながら体を温めます。その後は会社に出社して、1日の仕事を始めます。

仕事を始める前には、「今日は頑張りましょう、元気出してね」と自分に言いながら、仕事中にもその気持ちを忘れずに目標に合わせて努力していくように頑張っています。

仕事が終わってから、家に帰って家族と一緒に楽しい時間を過ごして、「今日もいい一日で良かった。ありがとう」と感謝しながら、1日の終わりとしておやすみします、という流れです。

今一番はまっていることは何ですか?

最近でいうと、「録音」です。自分のストーリーを分かってもらうために録音を始めました。
まず相手に伝えたいことを録音して、それを自分で繰り返し聞いて、意味が分かっているかどうか理解ができているかどうかか確かめることができます。

何でそういうことをするのかと聞く人もいるかもしれませんが、それは自分の話している内容が面白いかどうか、相手に興味を持ってもらえるかどうか、を知るためです。仕事上でお話しするときに、話しが面白いと思ってもらえれば、もっと細かいところから話を聞いてもらえます。友達ではないけれど味方になってくれます。相手がその人を信頼しているから言っていることを理解する、その人に魅力があるからビジネスでももっと一緒にやってみようと、そういう気持ちまで持ってもらえると嬉しいなと思います。

プライベートと仕事の兼ね合い

今まで仕事とプライベートのバランスをどうやってとるのか、ほとんどの人にとって難しいことだと思います。

私が頑張っていられるのは、旦那のおかげだと思います。旦那がいるからこそ、色々お互いに助け合って(家事も)一緒に分担してくれて、だからもっと仕事に仕事に集中できます。何か難しいことがあっても2人で乗り越えましょうねという気持ちがあります。この場を借りて、彼にもありがとうと伝えたいと思います。

これからベテルに入社してくる人へのメッセージ

まずは、
「ようこそ! ベテルに来てくれてありがとう!」

この仕事を見つけて良かったなぁと思ってくれれば嬉しいし、今後もたくさんのニューフェイスをお待ちしてますよ、よろしくお願いします、と伝えたいです。

ページトップへ