会社情報

SDGsへの取り組み

「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」とは、2030年までに達成することを目指している国際目標です。
ベテルは、「SDGs」の理念に賛同し、その達成に向けて貢献してまいります。

SDGsとは

2015年9月25日〜27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、「私たちの世界を変革する:持続可能な開発のための2030 アジェンダ」が採択されました。
このアジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言及び目標を掲げました。
この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

SDGs方針

ベテルでは、「イノベーションで世界中をハッピーにする」をビジョンに掲げています。
「世界中をハッピーにする」とは持続可能(サスティナブル)な挑戦であること。美しい地球の限りある資源と、私たち人間が共存し繁栄し続ける上で、「世界中をハッピーにする」ことは正にSDGsのアジェンダに沿った考えです。

私たちベテルは、これからも事業を通して、SDGs達成へ貢献して参ります。

SDGs目標とベテルの取り組み

SDGsターゲット
1.3_各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度及び対策を実施し、2030年までに貧困層及び脆弱層に対し十分な保護を達成する。

ベテルの取り組み
地域社会に産業を通して貢献する。
雇用創出により地域を豊かにする。

SDGsターゲット
3.4_2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。

ベテルの取り組み
ヘルスケア機器の開発を通して人々の健康とQOL(Quality of Life)に貢献する。

SDGsターゲット
4.1_2030 年までに、すべての⼦どもが男⼥の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で質の⾼い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。

4.3_2030 年までに、すべての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。

ベテルの取り組み
質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育が受けられるよう貢献する。

目標達成の実績
・石岡市立杉並小学校に本棚と書籍を寄贈しました。(2020年12月)
・国立大学法人長岡技術科学大学に留学生奨学金の寄付をおこないました。(2021年6月)

SDGsターゲット
7.3_2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

ベテルの取り組み
太陽光発電を積極的に活用し、生産設備の100%をカバーすることを目標とし、脱炭素社会に貢献する。

目標達成の実績

2021年の目標・課題
1. 発電量の目標を、125万kWh ⇒ 145万kWhへ
2. リチウム電池の活用…2021年に導入テストを行いたいが、導入にはコストパフォーマンスが課題。

SDGsターゲット
8.2_高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上及びイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。

ベテルの取り組み
働く喜び、働く楽しさ、働く仲間との達成した時の成長と感動を共有する。

SDGsターゲット
9.b_産業の多様化や商品への付加価値創造などに資する政策環境の確保などを通じて、開発途上国の国内における技術開発、研究及びイノベーションを支援する。

ベテルの取り組み
「イノベーションで世界中をハッピーにする」をビジョンとし、従業員の暮らしと経済成長に貢献する。

SDGsターゲット
12.2_2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。

ベテルの取り組み
ゼロエミッションの達成の継続
廃棄物の発生量を減らし、廃棄物を徹底的にリサイクルします。

目標達成の実績
・社員食堂で出た野菜くずを使って肥料を作り、専用農場で無農薬野菜を栽培しています。

関連動画

ページトップへ